高校生の皆さん! 文化祭や体育祭、合唱祭…楽しめましたか~。楽しみのあとの「中間テスト」…辛いですが頑張ってください!休み明けで「学習がマズイ」と思ったら、トライプラス鷺宮校へ直ぐに連絡してください。キミの悩みを解決します!そして、下記に記載している「人生の分岐」を決める文理選択・自由選択の注意事項。よ~く読んでくださいね!

☆高①生の文理選択・高②生の自由選択への注意事項…

文理選択とは文字通り「文系・理系」どちらを選択するかということです。将来の夢を念頭に慎重に選択する必要があります。
以前は文理選択をしたとしても、高②年次で学習する内容は文系・理系で大きな違いはなかったのですが、現行では高②年次からそのコースでの学習が始まります。特に特徴的なのは「数学」です。数学はⅡとBに分かれています。Ⅱは文系・理系ともにですが、Bは理系となっています(学校により異なります)。数学が不得意な生徒にとって、数学Bをやらなくて良いというメリットはありますが、自分の将来の夢が不確定な場合、必ずしもそれがメリットになるというわけではありません。
 

例えば、看護系・栄養系・薬科系などでは数学Bまで試験範囲に入っている場合があります。センター試験利用では英・国・社に加えて「数学ⅠAⅡB」を課してくる大学も存在します。文系大学でも数学受験が可能であり、その時には数学Bまで範囲となっています(文系大学での数学受験は有効です。数学が得意で文系方面に進む方は数学受験をお勧めします)。もし文理選択で迷いがあるようでしたら、是非理系への選択をご提案させて頂きます。理系から文系への変更(文転)は可能ですが、文系から理系への変更は学校のシステム上不可能だからです。また、もし理系から文転したときのデメリット…社会科目の不十分さがあったとしても、先述のように文系大学でも数学受験が可能ですし、社会科目なら単純暗記で入試に対応できます。


高②年次では「自由選択」があります。受験に即したものもあれば、総合学習的なものまで多岐に渡っています。
ここで重視すべき点は、必要以外に受講選択しない最低限の選択にしておくこと、評定が上がりやすい科目選択をすることです。推薦入試に向けてですが、受験に関わる評定基準は3年次での1学期までです。3年次での科目を少なくすることで、当然評定は上がりやすくなります。評定が上がれば進学選択の幅が広がります。また、高③年次は受験学習に多くの時間を注がなければなりません。単位を減らすことで自分の時間を多く作れば、自己学習がしやすくなります。受験学習はトライプラス鷺宮校で、基礎学習は学校で・・・という位置付けで選択することをお勧めします。